アラフィフOLソフィーの英語学習 EnglishCentralのデメリット

オンライン英会話

以前の記事『EnglishCentralを継続しなかったら割引オファーがありました』と『アラフィフOLソフィーのオンライン英語学習 EnglishCentral』では、いいところばかり紹介しました。
これらはソフィーの率直な意見なのですが、このままではEnglishCentralの回し者と思われてしまいかねません。
あくまでも、ソフィーは英語学習者として中立的な立場から意見を述べていますので、偏りのないようデメリットも紹介します。

デメリット1 会話は1日1レッスンまで

ほかのオンライン英会話スクールでは、1日2回や月に8回など、レッスンの頻度を選ぶことができますが、EnglishCentralでは選ぶことができません。
プラミアムプランは、自分の学習量に応じたレッスン数をコントロールすることができますが、それでも1日1回が上限です。


ただ、ソフィーは自己学習を十分して1日1レッスンも受ければ十分じゃないかと思っているくらいなので、それほど大きなデメリットとは感じていません。

デメリット2 教材動画の検索機能がお粗末

ソフィーが一番使いにくいと感じるのは検索機能です。
たくさんの動画があるので、興味あるコンテンツを的確に探せることは重要です。
以前は英語のキーワードしか使えませんでしたが、今は日本語でも検索できます。
でも全体的に検索精度が低いのが難点です。

例えばソフィーはTED Talksの教材が好きでよく使います。
その中でも、Ken Robinsonというイギリス人の講演は秀逸です。
特に教育と創造性に関する講演 “Do schools kill creativity?” は、ユーモアにあふれていて楽しめます。
ただこの動画は長いので、EnglishCentralの教材では6つの動画に分けられています。
それを観たいと思って”ken robinson”で検索するとこんな検索結果になります。

EnglishCentralの検索結果画面

驚くほど、欲しいものが出てきません。
ここでハタと気づいたのは、左側の絞り込みです。
レベル上級だけにチェックがついていたので、中級にもチェックを入れてみると下の画像のように、やっとお目当ての動画が出てきました。
でもこれ、順番通りに並んでなくて、微妙です。
それに、この動画でKen Robinsonが話す内容やスピードは決して中級ではないと思います。

とりあえず、(1/6)の動画をクリックし学習画面に移ります。
ここで一通り学習した後、続きの動画を学習するため画面下の「関連動画」をクリックすると下の方に5つの関連動画が表示されます。

EnglishCentralの動画学習画面

続きの動画(2/6)が一番左に表示されています。
でも他の関連動画は全く関係のない内容です。
タグとして「アカデミック」「TED」がつけられているのが唯一の共通点です。


ソフィーとしては5つの関連動画のうち、せめて3つはKen Robinsonの同じ講演の続きで、残りが関連した別の動画であってほしいと思います。
それでもここの部分は1年前に比べたらだいぶ改善されています。
以前は、ここに続きの動画がひとつも表示されなかったり、すぐ次ではなく2つ先の動画表示されたりしていて、非常に効率が悪かったです。
また、動画のタイトルが日本語なので、英語で検索する場合、何をキーワードにしたらいいのかわからないということも使いにくいところです。

ここで試しにすでにわかっている英語タイトルのキーワード”schools kill creativity”で検索してみました。
すると今度は同じ動画が、英語のタイトルで出てきました。
しかも、概要説明が英語のものもあれば日本語のものもあるという状態。

インデキシングがしっかりしていないデータベースという感じです。

少し肩を持った考え方ですが、以前英語でしか検索できなかったコンテンツに日本語の情報を付加し、検索機能を増強している最中なのかもしれません。

まとめ

以上、二つのデメリットを挙げました。
1年前であれば、発音チェックの音声認識が悪いとか、短いセリフは何度発声しても認識しないことが多い、発音チェックの採点がかなり厳しい、といったことがありました。
でもこの部分は現在かなり改善、柔軟化されており、むしろ「発音チェック甘すぎじゃない?」と感じることがあるくらいです。
でも世界で使われる英語には多様です。
だから発音に関しては許容範囲を広げているのかもしれません。

いずれにしろ、EnglishCentralは自分でどんどん練習して学ぶには、よいシステムであることには変わりません。

それから今回デメリットとして挙げたことは、2021年7月30日現在のもので、今後変更される可能性も十分あることをご了承ください。

コメント・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました