アラフィフOLの新型コロナワクチン体験 2回目

健康

2021年7月下旬に2回目のワクチン接種をしました。
ソフィーが打ったワクチンはファイザー社製でした。
『アラフィフOLソフィーのコロナワクチン体験 1回め』で報告したとおり、初めてのワクチン接種は思いのほか苦しかったので、次はもっと苦しいのかと、恐々として臨みました。
その結果、副反応はあったものの、拍子抜けするほど1回目ほどの辛さはありませんでした。
その一部始終を報告します。


なおこれはソフィーの個人的体験であり、人により症状は異なることをご了承ください。

接種まで

1回目のときは正直、色々な意味で油断していました。
なので、2回目接種にあたっては、前日からあらゆるリスクを排除した生活を心がけました。
といっても、お酒を飲まない、夕食は腹八分目、早く寝る、水分をたくさん摂る、ヨガをする、瞑想をする、といった程度のことですけれど。
自分の中でより健康的と思うことを実行することで、体力温存、免疫力アップ、精神の安定を狙う作戦です。
そのおかげで、当日はすっきり目覚め、気分爽快に1日を始めることができました。

指定された時間に会場に着くと、前回と同じような問診票が渡され、記入するよう指示されました。
夕方だったので人はまばらで、待ち時間は10分程度でした。

順番がくると簡易ブースに呼ばれ、スタッフ3人体制の中でサクサクと進みました。
女性医師が問診担当、男性医師が接種担当でした。
もう1人の人が何をしていたのかは、相変わらず謎でしたが、ワクチン接種票の受け渡しのようなことだったかもしれません。
問診で聞かれたことは、
「2回目のワクチンで間違いないか」
「体調は大丈夫か」
「熱はないか」
「前回どんな副反応があったか」
といったことでした。

今回の医師は上手で、針を刺したことも、ワクチンを注入していることもほとんど感じないくらいでした。
そして接種後も、何の違和感も異常もなく、無事終えることができました。

接種後から翌日まで

接種当日はだんだん腕に痛みを感じてきましたが、生活に差し障ることはありませんでした。
でも、油断は禁物。
前回も、当日の夜まではピンピンしていたのですから。
だから夜は早めに就寝しました。
「大丈夫かな~」と思っていましたが、夜中に熱や痛みで起きることもなく、熟睡できました。

接種2日目の翌朝、体調はすこぶる快調で、普通に出勤できました。

これは、副反応ほとんどないままかな?
とちょっと油断していたら・・・
夕方になり熱っぽい感じがしてきました。
退社して帰宅後、夜になってだんだん熱が上がってきました。
就寝前に計ったら38.2℃。
こりゃいかん、ということでカロナールを飲んで早々に寝ました。
でもこんなに高熱なのに、体調はそれほど悪くありません。
風邪のようなだるさや節々の痛みもなく、不思議な感覚でした。

接種3日めの朝、熱は完全に下がり、体調も普段通りでした。

腕の痛みは5日間ほど残った

このように、2回目のワクチン接種は驚くほど軽い副反応で終わりました。
巷では2回目のほうが辛いという噂がありますが、やはり人によりばらつきがあるんですね。

副反応の軽さの割には、腕の痛みは5日間ほど残りました。
こんなに長い間痛みが残る注射ってあるんですね~。


コメント・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました