投資初心者アラフィフOLソフィーが参考にした本 その1

投資

『はじめての人のための3000円投資生活』 横山光昭 アスコム / 2016年

投資って、難しそう。
投資って面倒そう。
投資って怖そう!
投資ってお金持ちがすることでしょう?
と思っているあなたに、「そんなことはありません」と明快な答えを与えるのが本書です。
少額から誰でも簡単に始められ、お金をしっかりと増やしていく方法があるのです。

家計再生コンサルタント横山光昭さんが提唱する『3000円投資生活』とは、貯金と並行して毎月3000円を投資していくという投資スタイル。3000円であれば、多くの人が無理なく始められます。

現在は以下の新版が出ていて、2016年以降に始まった制度が解説されているようなので、こちらを参考にしたほうがよいでしょう。投資に関する情報は、なるべく新しいものを参考にするのが鉄則です。

『貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス』 横山光昭 アスコム/2019年


ただし、3000円という金額はあくまでも「きっかけ」であるとされています。少額の投資を定期的に行い、ある程度市場の仕組みを把握して慣れてくると、投資に対する不安や恐怖感がなくなり逆に面白く感じるようになってきます。そのタイミングで無理のない範囲で投資額を増やしていくことが推奨されています。もちろん増額するかどうかは個人の自由です。

「投資できる額が増えれば、それだけ将来手にするお金も増えるので、ただ貯金だけしていた頃よりも節約するのが楽しくなった」という人がいるそうですが、それは私も同感です。お金を増やすための種まきをしているというワクワク感があるせいか、節約が全く苦にならないんです。

投資を始めるときの第一の関門はネット証券の口座を開設することです。「特定口座」や「一般口座」など、初心者にはよくわからない用語が出てきて、どちらかを選ばないといけません。でもその説明がなく、「取り返しのつかないことになると怖い」と思ってしまいます。そこでつまづいて口座開設をあきらめる初心者が一定数いるのではないかと思います。

本書には、上記のようなこともわかりやすく具体的に解説されていて、初心者には本当に助かります。口座開設後はどんなファンドを選ぶべきかという説明もあります。私もここに書かれていることに従って口座を開設し、投資を始めることができました。

と言っておきながら、実はこの本を読んでから私が投資を始めるまでに2年くらい時間が開いてしまいました。なぜかというと、証券口座を開くのが面倒だったからです。ところが、勝間和代さんのこの動画を見て頭をガツーンとやられ、その衝撃で一気に口座開設、投資信託購入、つみたてNISA申込を実行することができました。私はこれまで何もしないことによる「ものぐさコスト」というものを払っていたということです。

勝間和代のお金のレッスン。「ドルコスト平均法」を始めよう。10年間で倍にするのも夢じゃない!!

コメント・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました