アラフィフOLソフィーのヨガ生活 神対応!SOELUの新料金

エクササイズ

私が毎日ヨガ生活を始めるきっかけとなった、オンラインヨガのSOELU
6月16日から料金体系が変わりました。しかもお安くなりました!

SOELUのプラン

ソフィーは2021年4月末にプレミアムプランに入会しました。
ライブレッスンが毎日2回、録画ビデオレッスンが受け放題のプランです。
料金は12か月縛りの割引適用で月額6,578円。

6月から導入されたプランでは、同じ料金でライブレッスンが受け放題となりました。
これってすごくないですか??神対応です!

旧プランでは1日1回しか受けられなくても残りの1回は捨てるしかありませんでした。
新プランでは、何回でも受けられるのです。1回の日もあれば10回の日もありということです。
1回あたりの料金は受講回数によるので計算不能ですね。

また、このタイミングで、『プレミアム・ライト』というプランが導入されました。
ライブレッスン受け放題はプレミアムプランと同じ。ただし受けられるのはギャラリー枠のみで、その代わり料金が安く設定され、料金は月額4,378円となります。
ビデオレッスンはこれまで通り受け放題です。

SOELUのポーズチェック枠とギャラリー枠

SOELUのライブレッスンには、ポーズチェック枠とギャラリー枠があります。
ポーズチェック枠では生徒の動画と音声が講師に送信されるので、相互のコミュニケーションが可能です。
レッスン開始時に講師が生徒の体調を把握することで個々の体調に合わせた指導や、レッスン中に生徒の様子を確認し修正や声かけをすることができます。

ギャラリー枠は、生徒側の動画も音声も講師には届かないので、生徒はライブ動画を見ながら黙々とヨガをします。ときどき、ポーズチェック枠の受講生を指導をする講師の声も聞こえてきます。

ソフィーは最初の2か月はポーズチェック枠とギャラリー枠を半々で受講していました。
でも3か月以降はギャラリー枠しか受講しなくなってきました。
だから正直「個別に指導を受ける枠とそうじゃない枠のレッスン料金が同じって、どうなのかなあ・・?」と思うことはありました。
でも、どちらでも受けられるのにあえてギャラリー枠を選んでいるのは自分。
だからしょうがないかという気持ちでした。
そんなソフィーの気持ちを汲んでくれたかのように、絶妙なタイミングで新プランが登場したのです!
迷うことなくプラミアム・ライトに切り替え、今は毎月約4,400円で受け放題を楽しんでいます。

なぜSOELUのギャラリー枠のみを選択したか

ポーズチェック枠が受けられるにもかかわらず、なぜ自分があえてギャラリー枠だけを受けるようになったか、考えてみました。

  1. 部屋が狭くて全身を映せない
    私は狭い自分の書斎でレッスンを受けています。
    PCからマットまでの距離は1メートル足らず。立位のポーズだと腰より上が映りません。
    そうするとポーズチェック枠の利点が半減してしまいます。
  2. 最初と最後の挨拶がめんどう
    ポーズチェック枠では始まる前に講師が一人一人に声をかけ、「今日の調子いかがですか?」と聞いてきます。体調はそれほど変わりばえないのに、毎回聞かれるとちょっと面倒です。
    最後にも「今日のレッスンいかがでしたか?」「皆さん、がんばりましたね」、「ありがとうございました~」「気持ちよかったです~」などというコミュニケーションがあります。
    これがポーズチェック枠のいいところでもあるとは思います。
    でもその逆に、サクッと入室し、サクッと退室することが許されるのがギャラリー枠。
    この気軽さに慣れてくると、こっちのほうが楽でいいかもと、思うようになってきました。
  3. 服装や背景を気にしなくてもいい
    ライブレッスンでは他の生徒には自分が映らないので、気にするのは講師の目だけです。
    しかも、講師の側もそれほど個々の生徒の服装や部屋の様子は気にしてはいないとは思います。
    されどチェックを受けるからには最低限のマナーは必要と考えます。
    逆転のポーズでTシャツが胸まではだけてしまっても、ギャラリー枠では気にせずに続けます。
    さすがにポーズチェック枠では、ノーブラでそのまま続けるわけにはいかないでしょう。
  4. 始まる前の数分間に他のことをしながら待っていられる
    念のため開始の少し前に入室すると、ポーズチェック枠では前述のように講師との会話が始まります。
    ギャラリー枠では講師とコミュニケーションができないので、入室後もレッスン開始直前まで本を読んだりスマホをいじったりすることができます。
    レッスン開始してから入室すればいいことなのですが、本を読みながら開始時間を気にして待つのはけっこう面倒です。
  5. 別の教室で対面レッスンを受けている
    ソフィーは別のヨガ教室に通い、週に1回対面レッスンを受けています。
    自分ではできているつもりでも、正しくできていないことはけっこうあるので、指導を受けることは大切です。
    講師が体を引っ張ったり押したりして修正してくれると、ポーズの効果が格段に上がります。
    ヨガ歴10年以上のソフィーでもダウンドッグやチャトランガを直されることがあります。
    同じポーズでも、初心者に直すことと上級者に直すことは違うと感じることがよくあります。
    上級者であろうとも、レベルに合った適切な指導を受けることは、大切だと思います。
    ソフィーは週1回の対面レッスンで直されたことを、毎日のSOELUレッスンで意識して練習するようにしています。

ソフィーの毎日ヨガ生活近況

6月に父が突然亡くなったり、コロナワクチンを接種して体調を崩したりしたので、この1か月の間にヨガができない日が10日くらいありました。
徐々に落ち着き、毎日ヨガ生活が戻ってきたところです。
ヨガは生きていることの一部です。体調や状況により、できないことがあったとしてもそんな自分を受け入れたいと思います。
「ヨガをまとう」ような生活が理想です。

コメント・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました